出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの首のすわりが遅い どんな問題がある? 首すわりの練習法を教えて


赤ちゃんの成長の1つが「首のすわり」。

成長の1つとしてやはりパパもママも気になりますよね。

中には検診の時に「首のすわりが遅いですね」なんて言われると気が気じゃなくなってしまいます。

スポンサードリンク

そこで今回は首のすわりが遅い赤ちゃんはどんな問題があるのか、また首をすわらせるための練習法についてお答えしていきたいと思います。

2

 

赤ちゃんが首がすわる時期はいつ頃?

1

赤ちゃんの首がすわるのは個人差はありますが、平均的に見ると生後3ヶ月頃からその兆候が見られるようになります。

この3ヶ月に至るまでに赤ちゃんの体の筋肉が全体的に発達するようになり、首がすわる準備をし始めていきます。

筋肉が発達する中でも一番最初に発達し始めるのが首周りで、頭を支える力も少しずつ付いてくるようになります。

 

私の知り合いのお子さんはなんと生後2ヶ月で首がすわる兆候を見せるようになってきたようなので、一概に生後3ヶ月に捉われなくても大丈夫です。

 

「首がすわってきたかな」と思うようになるのが、生後4ヶ月頃となっており、生後5ヶ月頃になれば完全に首がすわるようになっていきます。

スポンサードリンク

首すわりが遅い場合の問題点は?

赤ちゃんの首がすわらないことで色々と不安になることでしょう。

 

大抵の場合は赤ちゃんの成長の個人差によるものなので、心配することはないのですが、首のすわりの遅さ以外にも以下のような問題点がある時は要注意です。

 

  • 赤ちゃんが首に力を全く入れない
  • 腹ばいにさせても頭を上げようとしない
  • 仰向けに寝ている状態で両手を持って起こした時に首が後ろに垂れてしまったり、前に倒れてしまう
  • 生後4ヶ月の段階で首がすわらず、目の焦点が合わなかったり笑わなかったり、体が硬直していたり、常に力を込めている状態

 

となっている場合は脳や筋肉の病気や発達障害を発症している可能性があるので、一度小児科へ行くと良いでしょう。

 

ただこういった症状が出ていても成長がちょっと遅いだけで済むこともあるので心配しすぎなくても大丈夫です。

 

4

 

首すわりの練習法を教えて

首のすわりは成長を見守りながら待つのが理想的ですが、やっぱりパパママとしては少しでも早く首がすわってほしいと思うもの。

3

そこで首をすわらせる練習法をご紹介いたしましょう。

 

基本的には赤ちゃんの首すわりの練習法として一番効果的だと言われているのが、【うつ伏せ】です。

うつ伏せとなると乳幼児突然死症候群の危険性があって心配と思うかもしれませんが、あくまでもうつ伏せにさせるのは短時間です。

 

赤ちゃんの筋肉をつけるためにもうつ伏せは効果的なので、ぜひ取り入れてみてください。

赤ちゃんのうつ伏せのさせ方は、まず赤ちゃんを仰向けに寝かせ、片方の手で首を支えてあげます。

その後にもう片方の手を脇に入れて、その手で赤ちゃんを受けるようにして反転させましょう。

 

うつ伏せにさせた後はしばらく赤ちゃんの好きにさせてあげましょう。

あとちょっとで首を動かしそうなら、目の前におもちゃで誘導するのも手です。

ある程度うつ伏せにさせたら、先ほど同じように首を支えて、背中に手を当てて反転させるようにしましょう。

 

個人差があることを理解する

5
先ほどにも記載しましたが、赤ちゃんの首のすわりには時期がありますが、それが早いか遅いかは個人差があるのを念頭に置いておきましょう。

 

私の赤ちゃんも実は4ヶ月検診の時に「首のすわりが7割程度ですね」と言われて焦った思い出があります。

 

ですが、遅い子は5ヶ月や6ヶ月頃になると聞いていたので、すぐに冷静になって赤ちゃんの成長を見守ることにしていました。

 

結果、5ヶ月になる前に首のすわりが完了してきて、今ではうつ伏せになると首を上げて見渡すほどです。

検診の時に言われると落ち込んでしまうかもしれませんが、赤ちゃんの成長を信じてのんびり待つ気持ちでいるようにしましょう。

 

6

 

まとめ

首のすわりが遅いと心配になる気持ちはわかりますが、こればかりは赤ちゃんの成長を待つしかありません。

練習法もありますが、赤ちゃんが嫌がってしまうと無理矢理することもできずに焦ってしまうかもしれません。

ですが、それでもいつかはすわるものだと思ってゆっくり赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?泣き止まない場合は?お母さんにも原因がある?

育児をしているうえで多くのママがぶつかる壁というのが赤ちゃんの夜泣き! いくらあ …

赤ちゃんの頭のへこみが気になる 大泉門とは? へこみの原因と対策についてご紹介

思春期に親御さんと衝突した記憶はありますでしょうか。 自分と違い既存の考えに凝り …

ベビーマッサージは赤ちゃんの免疫力をアップする!?脳の発達にも良いらしい

私が初めての子を産んだのが、13年前。 その頃にもベビーマッサージは、産院や公民 …

保育園に通うことで得られるメリットこんなにある!

「三歳児神話」という言葉があります。 「三歳までは母親が育児に専念するべきで、そ …

赤ちゃんの愛情不足のサインとは?見逃せない3つの特徴

赤ちゃんの成長や行動というのは見ていて本当に飽きないですし、 ずっと見ていたくな …

赤ちゃんがお風呂で泣いてしまう! その原因と対処法

この記事の目次1 はじめに2 お腹が空いている3 体調が悪い4 お風呂の最中、嫌 …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

夏の赤ちゃんの水分補給はどうする?母乳だけで大丈夫?

赤ちゃんは、体の70~80%が水分と言われています。 水分の代謝も活発で、たくさ …

赤ちゃんのよだれはいつから?よだれかぶれの対策方法を教えて

かわいらしい赤ちゃんですが、赤ちゃんにはよだれがつきもの。 赤ちゃんを抱っこした …

新生児のしゃっくりが止まらない!原因と止め方をご紹介

生まれたばかりの赤ちゃんが、突然しゃっくりをしだして止まらない。 それも、大人よ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です