出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんのよだれはいつから?よだれかぶれの対策方法を教えて


かわいらしい赤ちゃんですが、赤ちゃんにはよだれがつきもの。

赤ちゃんを抱っこしたら、よだれで服が汚れてしまったなんてこともよくある話です。

そして、出産祝いなどでも、よだれかけ、スタイはよくもらうものだし、プレゼントもしますね。

スポンサードリンク

そんな赤ちゃんのよだれですが、もちろん悪いことばかりではありません。

よだれ、つまり唾液には、消化を助けたり、粘膜を守ったり、口の中を殺菌したりする効果があるのですよ。

うちの子たちを連れていく歯医者さんが言うには、よだれの多い赤ちゃんは虫歯になりにくいそうですし。

 

でも、よだれのせいで柔らかな口元がかぶれてしまうのは考えもの!

よだれはいつからはじまるのか、よだれかぶれの対策について説明していきましょう。

こんな便利な商品もございます。
送料無料 日本製 抱っこ紐用(よだれカバー) よだれパッド グレー&ドットピンク (エルゴベビーなど抱っこひも用)【今治タオル】

赤ちゃんのよだれはいつから?

1

 

赤ちゃんのよだれが始まるのは、生まれてからだいたい2カ月から3か月くらいの時期です。

それが、離乳食が始まるころから、食べ物を消化するために、よだれの量も増えていきます。

離乳食をはじまるのは、ママによって時期が異なるので、5ヶ月から10カ月くらいですね。

ちなみに私は、保健婦さんの勧めで離乳食は遅めにはじめましたよ。

やはり赤ちゃんには母乳が一番らしいですから。

 

そして、早い子では7カ月くらいには乳歯が生えはじめるので、さらによだれが多くなってきます。

これも個人差があって、7カ月で生える子もいれば、1年たっても生えてこない子もいるので、心配しないでくださいね。

 

前出の歯医者さんが言うには、乳歯は遅めに生えてほうが虫歯は少ないそうですよ。

うちの子は早かったのですけど。

スポンサードリンク

赤ちゃんのよだれかぶれはどうして起きる?

2

赤ちゃんの肌は、見ても分るように、大人に比べるととても薄くてデリケートです。

ちょっとした刺激でも、すぐに赤くなったりブツブツが出てきたりします。

よだれも出たままにして放置しておくと、すぐに赤くなってしまいます。

よだれは病気ではないので、ついつい放っておいてしまいがちですが、こまめに拭いてあげるのも大切ですよ。

関連記事はこちら

乳頭混乱はおしゃぶりが原因? いつまで続く? 克服法を教えて

授乳によるよだれかぶれの対策方法は?

3

 

実は、授乳のときに出るよだれによるよだれかぶれって、意外に多いのですよ。

かといって、授乳しないわけにはいかないので、やはり授乳のたびに口元を拭いてあげることをお勧めします。

おススメはよく赤ちゃんショップに売ってある清浄綿です。

清浄綿で口元を優しくトントンと叩くように拭いてあげてくださいね。

こすってはいけません。

清浄綿がないときは、ガーゼなどの柔らかい布を湿らせて拭くといいでしょう。

 

おしゃぶりによるよだれかぶれの対策方法は?

4

 

赤ちゃんが指しゃぶりをはじめると、さらによだれかぶれの範囲は広くなってしまうことがあります。

よだれがついた指がほっぺたに当たってしまいますからね。

かといって、指しゃぶりをやめさせるのもなかなか難しいです。

 

指しゃぶりをやめさせようとしておしゃぶりを使うのも考えものです。

おしゃぶりは、赤ちゃんが泣いて何かを伝えようするときに、黙らせる道具でもありますからね。

それに、おしゃぶりが癖になると、指しゃぶりよりさらにやめさせにくくなってしまいます。

 

昔の人は、指しゃぶりをやめさせるために爪の先に辛い物や苦いものを塗ったりした、という話も聞きましたが、私はなんだかかわいそうで、できませんでした。

でも、よだれかぶれがひどくなると、かゆくなってさらにかきむしったりして、赤ちゃんもストレスがたまる一方。

なにかほかで気をそらせるように工夫してみましょう。

 

手を握って遊んであげたり、口元を温かくしてあげたりすると、気分がよくなって機嫌もよくなります。

辛抱強くがんばってくださいね。

 

ワセリンがおススメ

よだれかぶれ対策には、保湿が一番。

これは、よだれかぶれに限らず、子供の肌荒れのほとんどに共通します。

そして、赤ちゃんのの保湿には、市販のベビーローションや乳液などより、ワセリンが一番です。

 

 

これはうちの娘が通っている(アトピー体質なので)皮膚科の先生がいつも言います。

「お風呂上りには必ずワセリンを塗りなさい」

肌荒れのない時期にもです。

予防になるそうです。

 

 

そして唇にも塗っていいと言われました。

赤ちゃんのよだれかぶれなら、口元に薄くぬってあげるといいでしょう。

「保湿剤の塗り方」

 

まとめ

5

赤ちゃんのよだれかぶれは、必ず治ります。

かゆくてストレスがたまって、泣き叫ぶ赤ちゃんもいるでしょう。

辛抱強く付き合ってあげてくださいね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

なにかの参考になるとうれしいです。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんのお腹に乾燥性湿疹 原因は? ケアの仕方を教えて

  多くの赤ちゃんにできやすいのが湿疹。 どんなに気を付けても湿疹がで …

赤ちゃんの寝返りはいつから始まる?練習法や注意点を教えて

生まれたばかりの赤ちゃん。 体全体を自分で動かすことができないので、当然「うつぶ …

幼稚園の選び方のコツ これだけはおさえておきましょう

子供が産まれて育児にずっと専念しているうちに、あっという間にもう幼稚園児! いく …

赤ちゃんの熱中症 知っておきたいその症状、予防と対策まとめ

地球温暖化、日本の平均気温の上昇、エルニーニョやヒートアイランド現象など、 ざっ …

赤ちゃんの頭のへこみが気になる 大泉門とは? へこみの原因と対策についてご紹介

思春期に親御さんと衝突した記憶はありますでしょうか。 自分と違い既存の考えに凝り …

乳頭混乱はおしゃぶりが原因? いつまで続く? 克服法を教えて

母乳とミルクを混合させている赤ちゃんがある日突然母乳を飲まなくなった!なんていう …

赤ちゃんが夜中に鼻づまりで眠れない 解消方法を教えて

大人にとっても辛いのが鼻づまり。 赤ちゃんも例外なく鼻づまりになると本当に辛いも …

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りしない子もいる?原因と対策をご紹介

赤ちゃんが、お座りができるようになったので抱っこが楽になり、 一緒に外へ出かける …

赤ちゃんの嘔吐と下痢 原因は食べ物?噴水のように吐いてしまう 対処法を教えて

赤ちゃんは無菌状態で生まれてきます。 生後半年くらいは、胎内でもらった免疫が効い …

赤ちゃんのゲップ、上手な出し方を教えて

この記事の目次1 赤ちゃんにゲップを出させる理由は?1.1 ・理由その11.2 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です