出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて


臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。

例えばホルモンバランスの変化や赤ちゃんが子宮の下に降りることによってむくみや胃痛、下痢などの不調も出やすくなるでしょう。 

スポンサードリンク

そして胎動です!

今回は、臨月中の胎動の変化や、痛い時の対処法についてまとめているので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

胎動はどんな時に起きる?

1

胎動は、妊婦さんのお腹の中で赤ちゃんが動く事です。

子宮内で赤ちゃんが手足や頭を動かし、それが子宮の壁にぶつかることによって妊婦さんは胎動を感じます。

時として物凄く痛い事があり、「もうやめて~!」と叫びたくなるような痛みの時もあります…。

 

怪獣暴れの胎動もあるんです。

↓↓↓

 

陣痛中の胎動が激しい時の対処法3

胎動自体は、赤ちゃんが動いている証なので問題ありませんが、あまりにも激しい痛みがある場合は破水するんじゃないかと心配になるくらいですし、夜も痛みで眠れない事があるでしょう。

そんな日々が続いたらやはりつらいですよね…。

しかし陣痛中の胎動が激しい時でも、ちゃんと対処法があるので大丈夫です。ここで3つの対処法をご紹介致しましょう。

 

・運動する

お母さんが座った状態だと赤ちゃんは横腹や下腹部にいることが多く、痛みが出やすい部分を蹴られる可能性が高くなります。

赤ちゃんがあまりにも活発に動いていたいようであれば、お母さんが運動するなどして状態を変えてみると、蹴られる位置を変えることができるでしょう。

 

・お腹を軽く揺らす

赤ちゃんが膀胱や胃を蹴ってくると、激しい痛みを感じてしまいます。

こんな時、お腹を軽く優しく揺らすと痛みが和らぐでしょう。

 

お腹を揺らすことによって、お腹の中の赤ちゃんが姿勢を変えてくれるからです。

骨ばった部分があたって痛い時など、当たり方が変わるだけで随分楽になります。

 

ただし、揺らし過ぎるとお腹が張ってしまうことがあるので気をつけましょうね。

スポンサードリンク

陣痛中に胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠?

2

 

胎動は一般的に、妊娠20週めあたりで感じる妊婦さんが多く、赤ちゃんが動く事で胎動が起こるので、つまり赤ちゃんが元気なサインなのです!

妊娠9カ月が経過して臨月に突入すると、赤ちゃんは子宮の下におりてきて、骨盤の間にすっかりおさまります。

お腹の丸みが下がった変化は外から見てもわかりやすいでしょう。胃がスッキリしたような感覚です。

 

この時期になると胎動の回数も減ってきて幾分から楽になります。

赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤に固定されるので、赤ちゃんの発育と共に子宮内で自由に動ける範囲が狭くなる事も影響しています。

 

ただし臨月には、お腹の中の赤ちゃんが30分ごとに眠る・起きるを繰り返し、

手足を自由に動かしてしまうので、胎動が完全に消えることはありません。

 

人によっては臨月に入って胎動が激しくなる人もいます。

妊娠8~9ヶ月までは、お腹の中で赤ちゃんが自由に動き回って「痛い!」と感じる妊婦さんも多いですが、

臨月の頃には胎児も大きくなり、体力もつくため子宮をグッと押されるような痛みを感じます。

 

いずれにせよ、胎動は赤ちゃんが元気な証です。

出産が目前に迫った臨月に、激しい胎動や痛みを感じると違和感があるかもしれませんが、臨月中の胎動が痛くても、実は何も問題ないのです。

 

臨月中の胎動で激しい痛みを感じてしまうのは、まさに赤ちゃんが元気な証拠です。

心配し過ぎるとストレスになってしまい、胎児に悪影響を与えてしまいます。

 

ちなみに「胎動が激しいうちはお産が来ない」という迷信がありますが、全く根拠のないものなので鵜呑みにしないようにしましょう。

赤ちゃんは生まれる直前まで、場合によっては陣痛中でも胎動を繰り返します。

まとめ

いかがでしたか?

胎動による痛みは悪いことと思っている人も多かったでしょうが、実は赤ちゃんがお腹の中で元気に過ごしている証拠なのですね。

痛みがあるからといって何かトラブルが起きているわけではないので安心しましょう。

 

といっても、陣痛中の胎動があまりにもひどくて我慢できない時には、上記でご説明した対処法を実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

 

 - 妊娠

  関連記事

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

妊娠中つらい“つわり” 症状と対処法

妊娠初期に多くの方が経験するといわれるのが、「つわり」。 医学的には「妊娠悪阻( …

卵子の冷凍が未婚女性に人気!?卵活とは

結婚よりも卵子の凍結保存を希望する女性が増えていると言われています。 いまでは格 …

妊娠中の風邪薬は大丈夫?おすすめの治療法は

妊娠中はできれば風邪をひきたくないですよね。 風邪をひいてしまうと母体だけでなく …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

妊娠に効果的 手軽にできる温活のご紹介!

最近女性達の間で話題になっているのが「温活」というもの。 これは冷え性の方が体を …

妊娠中に猫を飼っても大丈夫?トキソプラズマの影響は?

自宅に猫を飼われている方も多いと思います。 よく猫は病気を持っていると言われてい …

妊娠しやすい体質へ 妊娠力アップ4つの方法

可愛い赤ちゃんを授かりたい!と思っている方にとって気になるのは、 「自分が妊娠で …

妊婦さん必見 夏の快適な過ごし方 4つのおすすめ

年々、暑さが増していく夏。 赤ちゃんを授かったママは、妊娠していない時よりも体温 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です