出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんが風邪をひいた時の対処法を教えて


どんなに気を付けていても赤ちゃんは風邪を引いてしまうもの。

 

1

 

幸いにも我が娘はまだ風邪らしい風邪を引いたことはないのですが、たまに咳やクシャミをする回数が多くなると、やっぱり不安に感じてしまいます。

 

赤ちゃんが風邪を引きやすいのは、免疫力がまだ完全ではないからなので、これは仕方ないことです。 しかしわかっていても実際に赤ちゃんが風邪をひいてしまった時にどんな対処法があるのかは知っておきたいですよね。

 

そこで今回は赤ちゃんが風邪をひいた時の対処法をお伝えいたします!

スポンサードリンク

赤ちゃんが風邪をひく原因は?

 

2

 

元々赤ちゃんは風邪を引きやすいと思われていますが、それは簡単にウイルスに感染しやすい状態になっているからで、主に飛沫感染が大きな原因となっているようです。

 

特に考えられる原因は、まず周囲の人からの感染が挙げられます。

特に考えられるのは、ママの風邪が赤ちゃんにうつってしまうこと。

クシャミや咳を少ししただけで、赤ちゃんに感染してしまうこともよくあることです。

 

そのため、私も咳やクシャミをよくするなぁと思ったらマスクをするようにしています。

 

やっぱりまずはママからうつさないように気を付けることが大事ですよね!

また他にも上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、幼稚園などでウイルスをもらってきてしまって、そのまま赤ちゃんに感染するという感染ルートもあります。

 

赤ちゃんが元気いっぱいの状態なら軽く済む可能性もありますが、睡眠不足だったりすると風邪になりやすくなるので注意が必要です。

 

また他に考えられるのは、ママがなったことのない風邪のウイルスに感染してしまうという原因もあります。

実は風邪のウイルスは200種類を超える数があり、中にはママが1度も感染したことの無いウイルスも存在します。

 

生後半年まではママからの母乳で免疫力が付くと言われていますが、ママがかかったことの無いウイルスが赤ちゃんに入ると、母乳で免疫が付いていても風邪を引く可能性があります。

スポンサードリンク

熱が出た時の対処法は?

 

3

 

では赤ちゃんが風邪を引いて熱を出してしまったらどうすれば良いのでしょうか?

 

まず熱を出した場合は寒気を感じることが多いので、服の枚数を1枚増やしてあげましょう。

そして汗をかきはじめたら、まめに拭き取ってあげて服の枚数を1枚減らしてあげます。 汗をかくことで早く治るのは大人も赤ちゃんも一緒です。

 

また、汗をかくと脱水症状に陥りがちなので、こまめな水分補給も忘れないようにしましょう。

その際は1度にたくさんあげると吐いてしまう可能性があるので、少しずつこまめにあげるようにするのがポイントです。

 

下痢の時の対処法は?

では次に下痢になってしまった時の対処法をお伝えいたします。

 

こちらも脱水症状に陥りやすいため、まずはこまめな水分補給をさせてあげましょう。 その時は湯冷ましや麦茶がオススメ! 果汁などの糖分が多く含まれているものは症状が悪化する恐れがあるので控えましょう。

 

また食欲がない場合はとにかく電解質だけでも補うことが大事! そのため、子供が飲んでもOKなイオン飲料を飲ませてくださいね。 もし食欲があった場合は、消化の良いものを食べさせてあげましょう。

 

これは大人も同じですよね! そして常におしりは清潔に保ってあげることが大事です。 下痢になるとお尻がただれてしまうことともあるので、いつもよりしっかりチェックしてあげましょう。 もし拭き取る際に痛がって泣いたりしてしまう場合は、ぬるま湯でお尻を丁寧に優しく洗ってあげると良いですよ!

 

 

ただ離乳食が始まる前の赤ちゃんはほぼ液体状のうんちなので見分けが付きません。

そんな方はこちらの動画を参照にしてみてください。

【赤ちゃんの下痢】は色に注意!白・緑・黄色+酸っぱい匂い

風邪の時の離乳食はどうする?

 

4

 

では風邪を引いた赤ちゃんの離乳食はどうすれば良いのでしょうか?

赤ちゃんは風邪を引くと冷たいものを欲しがる傾向にありますが、冷たいものばかり与えると逆効果なので要注意! 特に柑橘系は治癒が遅れてしまいます。

 

ジュースなどを与えたい場合は、リンゴが消化に良い果物となっているので、家ですりおろしたリンゴを使ってジュースを作ってあげたり、離乳食としてすりおろしたリンゴを与えても効果的です。

 

また、離乳食が中心になってきている赤ちゃんは、風邪が治ったからといって、いきなりいつもの量に戻すのもNGです。

消化器官が未発達な赤ちゃんに、急激な食の変化は胃に大きな負担となってしまいます。

 

様子を見ながら徐々に元の食事に戻してあげましょう。

 

まとめ

 

5

 

赤ちゃんが風邪を引くとママもやっぱり焦ってしまいます。

 

ですが対処法をしっかりすれば、赤ちゃんもすぐに回復します ぜひ赤ちゃんの風邪に対して冷静に対処ができるようにしておきましょう!

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

新生児の「げっぷ」が出ない、嫌がる「げっぷ」の出し方のコツをご紹介

この記事の目次1 どうして「げっぷ」が必要なの?2 「げっぷ」を嫌がる対処方法は …

乳児湿疹が耳にも出来た アトピーとの違いは?

ほとんどの赤ちゃんにできてしまって、ママ達を悩ませるのが乳児湿疹。   …

赤ちゃんのお腹に乾燥性湿疹 原因は? ケアの仕方を教えて

  多くの赤ちゃんにできやすいのが湿疹。 どんなに気を付けても湿疹がで …

赤ちゃんの発疹ができた!でも熱はないみたい どんな病気が考えられる?

毎日、赤ちゃんの様子を見ながら生活しているのに、突然赤ちゃんの体や顔にブツブツが …

赤ちゃんの沐浴 頻度と温度は?いつまで?

沐浴という言葉は、水で身体を洗い清めるという意味があります。 宗教色が強い言葉な …

2ヶ月の赤ちゃんの予防接種

この記事の目次1 同時接種は可能? お風呂に入っても良い?1.1 1.2ヶ月の赤 …

赤ちゃんのイヤイヤ期はいつまで? 上手な接し方を教えて

育児をしている時にママがぶつかってしまう壁の一つに子供のイヤイヤ期があります。 …

保育園に通うことで得られるメリットこんなにある!

「三歳児神話」という言葉があります。 「三歳までは母親が育児に専念するべきで、そ …

赤ちゃんが鼻水を出している時は病院に行く?緑色や黄色で症状を判断できる?

赤ちゃんが風邪をひいてしまうと親としてはかなり心配ですよね。   &n …

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせたい いつから可能?金額はどれくらい?

冬の寒い時期に差し掛かってくると怖いのがインフルエンザ。 大人でもかかるとしんど …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です